渋沢栄一さんについて

渋沢栄一さんについて

渋沢栄一さん近代日本経済の立て役者として、今なお多くの人々の尊敬を集める渋沢栄一は、天保11年(1840)、深谷市血洗島の農家に生まれました。
持ち前の正義感から若いころは尊王攘夷運動に加わったものの、その後は一橋家と幕府に仕えます。



慶応3年(1867)には第15代将軍徳川慶喜の名代徳川昭武に随行して渡仏し、ヨーロッパの進んだ思想・文化・社会などに大きな影響を受けました。帰国後は明治新政府の大蔵省に仕えますが、大久保利通らと意見が合わずに辞職。以後は、実業界の最高指導者として大きな足跡を残しました。

論語の精神を重んじた渋沢栄一は、各種産業の育成と500もの近代企業の確立に努めたほか、養育院や孤児院など600以上の社会公共事業に携わり、救護法の制定にも尽力しました。

深谷市観光協会HP(http://www.fukaya-ta.com/ijin/shibusawa/)より引用

特別栽培農産物:埼玉県が認証しています